[,栄養価の高い蒸し料理が手軽に楽しめる,3450円,ラッセルホブス,キッチン用品・食器・調理器具 , 調理器具・製菓器具 , 調理器具 , 蒸し器,www.theclawmachine.com,7910JP,/biostatics851064.html,ミニスチーマー,] [,栄養価の高い蒸し料理が手軽に楽しめる,3450円,ラッセルホブス,キッチン用品・食器・調理器具 , 調理器具・製菓器具 , 調理器具 , 蒸し器,www.theclawmachine.com,7910JP,/biostatics851064.html,ミニスチーマー,] 3450円 栄養価の高い蒸し料理が手軽に楽しめる ラッセルホブス 7910JP [ ミニスチーマー ] キッチン用品・食器・調理器具 調理器具・製菓器具 調理器具 蒸し器 栄養価の高い蒸し料理が手軽に楽しめる ラッセルホブス 人気商品 7910JP ミニスチーマー 3450円 栄養価の高い蒸し料理が手軽に楽しめる ラッセルホブス 7910JP [ ミニスチーマー ] キッチン用品・食器・調理器具 調理器具・製菓器具 調理器具 蒸し器 栄養価の高い蒸し料理が手軽に楽しめる ラッセルホブス 人気商品 7910JP ミニスチーマー

【2021 栄養価の高い蒸し料理が手軽に楽しめる ラッセルホブス 人気商品 7910JP ミニスチーマー

栄養価の高い蒸し料理が手軽に楽しめる ラッセルホブス 7910JP [ ミニスチーマー ]

3450円

栄養価の高い蒸し料理が手軽に楽しめる ラッセルホブス 7910JP [ ミニスチーマー ]



商品説明

★ 蒸し料理を日常にしたい理由
蒸し料理は調理物が型崩れしにくく、ビタミンも損なわれにくく、お肉などは余分な脂が落とせて油も不要です。
また野菜は甘さが残るので調味料の量も減らせます。
ヘルシーで美味しい蒸し料理を積極的に食生活に取り込むことで、自然に生活習慣病の対策ができます。

★ 水と食材入れてタイマーセットするだけ
食材をバスケットに入れてタイマーをセットするだけ。
色々とやることが多い調理中でもガスコンロを塞がず、火加減も気にせず、おまかせで蒸し上がります。

★ ゆで卵作りもおまかせ
卵を蒸すためのエッグトレイ付き。ゆで卵作りもタイマーが見張ってくれます。

★ 安全、便利、お手入れしやすい
空焚き防止機能付き。
本体底面はコードの巻き取りが可能。
ヒーター部分はフッ素加工で油汚れや水垢が付着しにくくなってます。

スペック

* 電源: 100V 50/60Hz
* 消費電力: 400W
* サイズ: W19.0×D19.0×H23.0cm
* 重量: 1.2kg
* コードの長さ: 1.3m
* 材質: ステンレス、コポリエステル、ポリプロピレン
* 付属品: スープトレイ、スチーム皿大・小、カップ、専用レシピブック
 ※本製品は家庭用です。業務用としては使用しないでください。

栄養価の高い蒸し料理が手軽に楽しめる ラッセルホブス 7910JP [ ミニスチーマー ]

臨床遺伝学センター外来

遺伝性疾患の患者様とご家族のニーズに幅広くきめ細かく応えるため、2011年8月に本センターを開設しました。国内外の臨床遺伝専門医資格を有する20名以上の医師が国際水準の医療を提供するよう力をあわせております。

詳細はこちら


IRUD未診断疾患イニシアチブ

いわゆる人体の設計図ともいわれるDNAの配列(遺伝子)を、最先端の分析機器を使って幅広く調べることで、従来の医学的検査で診断のついていない小児患者様の診断の手がかりにしようとする研究プロジェクトです。

詳細はこちら


iPSコンサルテーション外来

iPSコンサルテーション外来は、下記の遺伝性疾患など(主として神経・感覚器を中心症状とする遺伝性疾患)に関して確定診断がなされている患者様にiPS細胞研究の現況について一般的な情報提供をさせて頂く外来です。

詳細はこちら


新型コロナウイルスゲノム解析 (COVID-19/SARS-CoV-2)

協力医療機関より患者様の検査残余検体及び臨床情報を収集するウイルスゲノムネットワークを構築、さらにウイルス全ゲノム解析プロトコルの最適化を図り、種々の検査残余検体から抽出したウイルスRNAの全ゲノム配列を高精度で解析することに成功しました。解析により得られた新規ゲノム配列情報は、積極的に国際データベースに登録・公開し、全世界の公衆衛生研究発展に寄与します。

詳細はこちら


最新情報全てを表示

関連報道記事・番組全てを表示

臨床遺伝学の研究



スペイン王国レティシア王妃陛下が来塾

臨床遺伝学センターの小崎健次郎教授より慶應義塾大学病院におけるIRUDの取り組みについて説明が行われた後、ゲノム解析の現場を見学いただきました。
新規疾患の発見も含め、800名の患者さんの3割で診断がついていること、スペインも含めた海外難病専門医との連携により診断率の向上や治療法の検討が行われていることが紹介されました。

詳しくはこちらへ


Top
慶應義塾大学医学部臨床遺伝学センター